東京、大阪での賃貸、購入デザイナーズマンション選択のポイント

賃貸、購入デザイナーズマンションの選び方

デザイナーズマンションの選び方を間違い、
あとで後悔しないためのポイントを解説しています。

  
デザイナーズマンションとは、建築デザイナーや建築設計士が一定のこだわりを持って設計施工したマンションを指して呼ぶことが多いようです。これは、必然的に法律できちんと定義された呼び名ではありません。このデザイナーズマンションと言う呼び名は、建築士や設計デザイナー等が、雰囲気的に、他のマンションより間取りの構成が違っていたり、ユニークな内装であったり、家具やインテリアがおしゃれなものだったりと、単印象的なものである場合、そのマンションをデザイナーズマンションと呼称しているのです。だから、そのマンションについて、著名な建築設計者やデザイナーが関係しているかどうかは一切、関係ありません。デザイナーズマンションだとの定義でもっとも分りやすいのは、そのマンションが、外観や内装で、雰囲気的におしゃれであるかどうかで判断するのが一番、的を得た判断だと思います。したがって、デザイナーズマンションは、住む側から言って、それがほんとうに快適な生活を保障してくれると言うものではありません。なぜならば、デザイナーズマンションと称するがように、生活の機能よりも、デザイン、つまりは見た目を重視する設計になっている場合が多いからと断定できます。そこで、これからデザイナーズマンションを建築したり、入居しようとする人は、そのところを充分意識する必要があるでしょう。

賃貸デザイナーズマンション

賃貸用のデザイナーズマンションは近年、だんだんと増えてきてるのが現状です。当初、デザイナーズマンションの用途は、どちらかといえば子供などがいるファミリー層より独身者、単身者向けに作られていましたから、デザイナーズマンションの賃貸物件用の建物が増加したのもうなずけるでしょう。しかし、オシャレなマンションででオシャレに暮らすと言うのは、家族がたくさんいるような子供、両親の同居では、なかなか難しいものです。そのため、賃貸のデザイナーズマンションを仕事専用として借りる人も多いようです。
デザイナーズマンションのクリエイターにとっては、そのコンセプトがオシャレと言うデザイナーズマンションの設計施工は、デザイン創作意欲を刺激してくれるもののようで、他にはない斬新なイメージで設計するのでしょう。そのため、賃貸のデザイナーズマンションと言うと、入居家賃が一般のマンションに比較して、非常に高いというイメージです。確かにそれは言えているのですが、以前の驚くような高額家賃ではなくなりつつあります。手頃な家賃で、デザイナーズマンション生活を送るのなら、今こそチャンスだと言ってもいいでしょう。住みやすさよりもオシャレさを最優先している部分が多いデザイナーズマンションですが、最近に建てられる物件は、比較的、ソフト的な面でも充実してきています。例えば、犬やネコなどのペットと一緒に暮らすことを前提に建設されたデザイナーズマンションも増えてきています。そのため、室内にペット専用のドアやキャットウォークが設けられているのがポイントです。そんな機能的な面、ソフト的な面でも従来型のマンションにはないオシャレな生活をコンセプトにしたのがデザイナーズマンションなのです。

分譲デザイナーズマンション

分譲タイプのデザイナーズマンションに住むためには、チョッとだけ思い切りが必要です。どうしてかと言うと、そのデザイナーズマンションがオシャレであればあるほど、その反面、暮らしやすさとか生活の便利さと言う点で、少し、我慢するところが出て来るためです。具体的に言うと、デザイナーズマンションの建て方に多い、コンクリート打ちっぱなしマンションは、確かにかっこいいのですが、春夏秋冬、たいへん凌ぎよいとは、決して言えないでしょう。夏は暑く、冬は寒いのが特徴的です。また、内部の仕上げ材で、ガラス張りの浴室は、若い夫婦などには、それで良いかも知れませんが、やはり、来客などで困ることもあるでしょう。、また、螺旋状の階段は、若いファミリー層で、小さな子供がいる家庭には、少し危険な気もします。もちろん、これらのデザイナーズマンションがすべて、いけない、駄目だと言うのではありません。そこに住む人の構成やライフスタイルによっては、暮らしやすさと言った点で、少々、我慢すべき点があるということです。また、デザイナーズマンションも分譲として購入するとなると、賃貸マンションのように、あきたからと言って、すぐ退去する訳にも行きません。したがって、長い期間、そのデザイナーズマンションに住むことを前提にしなければなりません。永い間に、結婚や出産で家族が変わることもあるでしょうし、自分自身が老齢となって生きますからそのへんも考慮しなければならない問題点です。デザイナーズマンションを購入するの場合、10年後、20年後もこの部屋の構成で大丈夫なのかか?と言うことも考えておく必要があります。そう言ったことを考慮にいれても、分譲デザイナーズマンションを購入したい、むしろ大歓迎と言うのなら、ひょっとして、今はデザイナーズマンション購入のチャンスなのかもしれません。デザイナーズマンションも過去の一時期から比較して価格が下がり気味です。さらに、近年、は中古マンションを新たなデザイナーズマンションに生まれ変わらせるのリノベーションが流行しています。

デザイナーズマンション選択のポイント

デザイナーズマンションのモデルルームでは少しでもよく見せようと各所にオプションがあります。入居してから、トラブルがないように、事前に確認すること。購入の場合は特に付属設備などエアコンや食器棚、浴室乾燥機は特に注意しましょう。
また、天井の高さ、天井の高さは、同じ間取りの部屋でも階数によっては天井高が異なることは多いです。通常、上層階ほど天井ほど低くなる傾向があるので、気に入った部屋が見つかったら必ず希望する階の部屋がモデルルームの天井高と同じかどうか、担当者に確認しておきましょう。同時に梁(はり)や柱の出っ張り具合も家具の配置等に影響するので併せて調べておくと良いでしょう。デザイナーズマンション購入の場合で青田買いの時、モデルルームは標準的な一種類だけの販売センターもあれば、複数用意しているところもあります。購入予定の部屋がモデルルームとまったく同じタイプであれば問題ありません、違う場合は注意しましょう。例えば、モデルルームは広い1820の浴室だったのに、購入した部屋は、ひと回り小さい1216サイズであったり、また、バルコニーの出が小さかったりと、モデルルームのイメージが強く残っているために、設計図書等では分っていても、現実に遭遇すると、その違いにがっかりすることが多々あるので。従前に、しっかりと下調べしておきましょう。

田舎暮しと古民家情報 中古住宅売却センター 中古住宅メリットデメリット 転職とスローライフ
競売不動産の基礎知識 カタログ比較マイホーム 20代のマイホーム 相互リンクページ
  • seo
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.